自費出版『青年は創り続ける-自民党静岡県連青年部・青年局の挑戦-』

自費出版『青年は創り続ける-自民党静岡県連青年部・青年局の挑戦-』

「なぜ静岡の人口は減り続けるのか?」

静岡の現状と課題を浮き彫りにし、新たな政策を問う、
9名の若手自民党員・議員たちの挑戦!

〈目次より一部抜粋〉

■はじめに

■ランキングデータ「数字が示す静岡のすがた」

■総論
「青年の力、都市の可能性、この国の未来」

■各論
エネルギー問題 「今後のエネルギー、リスク分散と地産地消」
観光・交通問題 「富士山静岡空港のこれから」
産業問題 「製造業の復興と復権」
農業問題 「6次産業と静岡農業のこれから」
健康・医療問題 「早期発見早期治療で世界一健康な地域へ」
障がい者福祉問題 「一億総活躍社会を目指して」
子育て・教育問題 「教育環境のあり方」

■あとがき

〈著者紹介〉
自民党静岡県連青年部・青年局プロジェクトメンバー(50音順)
相坂摂治(静岡県議会議員)
池谷和正(焼津市議会議員)
石田江利子(焼津市議会議員)
酒井浩一(県連平成25年度青年部長)
杉森賢二(長泉町議会議員)
杉山康弘(県連事務局)
袴田崇寛(県連平成28年度青年部長)
山本裕三(掛川市議会議員)
横田川真人(島田市議会議員)

平成28年12月15日出版。
定価(本体1,500円+税)。
お買い求めは、静岡県連に直接ご連絡頂くか、Amazonから⇒【https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4904380606/hatena-gd-22/ref=nosim

台湾に感謝!!

台湾に感謝!!

平成25年9月9日(月)〜12日(木)の3泊4日の日程で、小泉進次郎青年局長を団長に、青年部・青年局の台湾視察研修が開催されました。
9.11の東日本大震災に際し、台湾から寄せられた義援金は200億円を超えていた事実を、我々は絶対に忘れてはなりません。今回は、そのお礼も兼ねての訪問だったのですが、その歓待には重ねて感謝するばかりでした。

携帯サイトはこちら

自由民主党静岡県支部連合会 青年部

http://seinen.jimin-shizuoka.or.jp

お知らせ詳細

『公募提案型政策コンテスト2016』一次書類審査結果発表

平成28年9月1日(木)〜10月7日(金)にかけて募集させて頂きました『公募提案型政策コンテスト2016』ですが、公開プレゼンテーションを下記の通り、開催させて頂きます。

≪公開プレゼンテーション≫
○日時:平成28年11月19日(土)開場:13時00分・開会:13時30分
○会場:JR静岡駅ビル『パルシェ静岡 会議室』(静岡市葵区黒金町49)


この度、募集させて頂きましたコンテストに総勢18名(組)の方々から25件の政策アイデアを頂きました。本当にありがとうございます。
慎重に書類審査をさせて頂きまして、下記の9名の方に公開プレゼンテーションをお願いすることとさせて頂きました。

    水上 泰章さん(静岡市清水区)
    佐野 佑奈さん(富士市)
    加藤 淳奈さん(沼津市)
    土田 哲也さん(浜松市天竜区)
    井上 俊介さん(富士市)   
    国保 ゼミさん(静岡市駿河区)
    今里 栄一さん(静岡市清水区)
    杉山 文香さん(富士市)   
    村松 慎介さん(焼津市)

   (順序はエントリー順)

公開プレゼンテーション開催まであと一か月ですが、出場者の皆様、何卒よろしくお願いいたします。

『公募提案型政策コンテスト2016』一次書類審査結果発表

update : 2016-10-11 18:00:00
by : 自由民主党静岡県支部連合会 青年部

自民党本部1階、喫茶室にある特設スタジオから、自民党の"今"を動画で配信。議員の想い、政策や国会情勢など、マスメディアでは伝わりにくい情報を、ライブで直接、みなさんにお届けします。
Café Sta ライブチャンネルはこちらから↓
http://www.jimin.jp/activity/movie/0ch_cafe_sta/index.html

自由民主党 青年局 TEAM-11

自由民主党 青年局 TEAM-11

http://youth.jimin.jp/activity/team-11/index.html

平成24年2月、小泉進次郎自民党青年局長(当時)は「TEAM-11」を始動させ、毎月11日に被災地訪問事業を開始しました。
小泉進次郎衆議院議員の復興大臣政務官就任に伴い、平成25年10月、青年局長は松本洋平衆議院議員に代わりましたが、自民党青年局としてのTEAM-11の活動は継続、当初の被災3県の被災現場視察、避難所慰問、仮設住宅訪問に留まらず、復旧・復興の教訓などについての知見を広めるため、阪神・淡路大震災の地、神戸市訪問等も実施しています。