自費出版『青年は創り続ける-自民党静岡県連青年部・青年局の挑戦-』

自費出版『青年は創り続ける-自民党静岡県連青年部・青年局の挑戦-』

「なぜ静岡の人口は減り続けるのか?」

静岡の現状と課題を浮き彫りにし、新たな政策を問う、
9名の若手自民党員・議員たちの挑戦!

〈目次より一部抜粋〉

■はじめに

■ランキングデータ「数字が示す静岡のすがた」

■総論
「青年の力、都市の可能性、この国の未来」

■各論
エネルギー問題 「今後のエネルギー、リスク分散と地産地消」
観光・交通問題 「富士山静岡空港のこれから」
産業問題 「製造業の復興と復権」
農業問題 「6次産業と静岡農業のこれから」
健康・医療問題 「早期発見早期治療で世界一健康な地域へ」
障がい者福祉問題 「一億総活躍社会を目指して」
子育て・教育問題 「教育環境のあり方」

■あとがき

〈著者紹介〉
自民党静岡県連青年部・青年局プロジェクトメンバー(50音順)
相坂摂治(静岡県議会議員)
池谷和正(焼津市議会議員)
石田江利子(焼津市議会議員)
酒井浩一(県連平成25年度青年部長)
杉森賢二(長泉町議会議員)
杉山康弘(県連事務局)
袴田崇寛(県連平成28年度青年部長)
山本裕三(掛川市議会議員)
横田川真人(島田市議会議員)

平成28年12月15日出版。
定価(本体1,500円+税)。
お買い求めは、静岡県連に直接ご連絡頂くか、Amazonから⇒【https://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4904380606/hatena-gd-22/ref=nosim

台湾に感謝!!

台湾に感謝!!

平成25年9月9日(月)〜12日(木)の3泊4日の日程で、小泉進次郎青年局長を団長に、青年部・青年局の台湾視察研修が開催されました。
9.11の東日本大震災に際し、台湾から寄せられた義援金は200億円を超えていた事実を、我々は絶対に忘れてはなりません。今回は、そのお礼も兼ねての訪問だったのですが、その歓待には重ねて感謝するばかりでした。

携帯サイトはこちら

自由民主党静岡県支部連合会 青年部

http://seinen.jimin-shizuoka.or.jp

- 青年部・青年局とは -

自民党青年部・青年局

自由民主党静岡県連合会青年部のホームページへ、ようこそ。わたしたちは、自民党静岡県連の若手党員で組織している青年局です。青年部は、そのうち特に若い党員で構成されています。

青年局長

ごあいさつ

ごあいさつ ホームページをご覧になっている皆様、自由民主党静岡県支部連合会青年部・青年局平成28年度青年局長を勤めさせていただきます焼津市議会議員の池谷和正です。
 田中局長・相坂局長のもとで永年次長を仰せつかって参りましたが、45歳の最終年、県連青年局長を拝命いたしました。
微力ではございますが、青年部・青年局の一層の飛躍に向かって努力して参ります。

我々世代に課せられた使命と次代を担う人達の想いを政策実現することを至上命題に、青年会員の拡充や相互研鑚を図っていく所存でございます。
何卒、ご支援とご協力をよろしくお願いいたします。

青年部長

是非ご参加を!!

是非ご参加を!! 本年、自民党静岡県連青年部長を仰せつかりました、浜松市浜松支部の袴田 崇寛です。
 私は、議員ではありません。民間の人間です。
ですが、政治に関わるということは議員ばかりではないと思っています。まずは理屈抜きに気軽に参加してもらいたいと思っています。
やはり色々な人が集まってこそ面白いアイデアも生まれると思います。
 皆さん、是非とも気軽に参加して下さい。

自民党本部1階、喫茶室にある特設スタジオから、自民党の"今"を動画で配信。議員の想い、政策や国会情勢など、マスメディアでは伝わりにくい情報を、ライブで直接、みなさんにお届けします。
Café Sta ライブチャンネルはこちらから↓
http://www.jimin.jp/activity/movie/0ch_cafe_sta/index.html

自由民主党 青年局 TEAM-11

自由民主党 青年局 TEAM-11

http://youth.jimin.jp/activity/team-11/index.html

平成24年2月、小泉進次郎自民党青年局長(当時)は「TEAM-11」を始動させ、毎月11日に被災地訪問事業を開始しました。
小泉進次郎衆議院議員の復興大臣政務官就任に伴い、平成25年10月、青年局長は松本洋平衆議院議員に代わりましたが、自民党青年局としてのTEAM-11の活動は継続、当初の被災3県の被災現場視察、避難所慰問、仮設住宅訪問に留まらず、復旧・復興の教訓などについての知見を広めるため、阪神・淡路大震災の地、神戸市訪問等も実施しています。